大黒様(だいこく様)

今日は😄 facebookを始めて以来、その楽しさや気軽さにすっかり没頭してしまい、お店のホームページのブログをしばらく置き去りにしておりました。今回本当に久しぶりに更新させていただきます。ブログはFbへの投稿記事に比べて、更に詳しく私の思想や観念的なものも記載しますので、どうしても長文になりがちで、文章がくどかったり堅苦しく感じられることもあろうかと思います。しかしながらブログに記載することは、私が体験して思ったことや感じたことを文章にすることで、お読みいただいた皆様の人生にも「何かお役に立てれば…」と願って記載するものです。余計なお世話かもしれませんが…縁があってこのブログにお繋がりいただいた皆様、どうか最後までお付き合い下さいませ。いつもとは頭のモードを切り替えて大真面目に記載させていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

大古久天

 今回は以前Fb上でも少しだけ体験談を記載させていただきました七福神の1神であられます「大黒様(だいこくさま)」のことを書かせていただきます。特別に何の信仰を持たない方々も、大黒様のことはご存知であると思います。打出の小槌を手に握り、大きな袋を背負って満面の笑みを浮かべながら俵の上に立つそのお姿を、誰もがみんな一度や二度は拝見したことがあるかと思います。大黒様はそのお姿が示す通り、七福神の中でもとりわけ「福徳」や「財運」を授けてくださる神様として、一番人気でございますね。事業をされている方々は、商売繁盛会社の繁栄を祈願し、事務所やお店などにお祀りしているケースも多々ございます。もちろん私も商売人の端くれとして、かまだ家別館の祭壇に、その御尊像をお祀りさせていただいております。

 さてその福の神「大黒様」は、元々はインドのヒンドゥー教に起源を持つ神様であられます。ヒンドゥー教の最高神「シヴァ神」の化身として「マハー・カーラ」と呼ばれておりました。「マハー」とは偉大なるとか大いなるという意味であり、「カーラ」とは(暗黒)という意味であります。そのサンスクリット語での御名前を直訳して「大黒」と呼ばれるようになったのですね。この名が示すように元々の大黒様は、ヒンドゥー教に於いては現在の福神の姿とは全く異なる「憤怒相の鬼神」でありました。後に仏教にも取り込まれ仏法を守る「護法神」として信仰されていきます。その大黒様が福神に変わっていったのは、仏教が大陸から日本に渡来した折、我が国の福の神である「大国主命(オオクニヌシノミコト)」と同一の神様として習合して信仰されていったからだといわれています。その理由は名前が音読みで同じであること、(大国→ダイコク・大黒→ダイコク)。大きな袋をかついでいる大国主命と、金の袋を手にする大黒様の姿が相似していたことなどから、同一の神様として信仰されていきました。当時の日本人の大らかで懐の深い信仰形態が想像されます。因みに「大国主命」は縁結びのパワースポットとして有名な「出雲大社」の主祭神であられます。日本神話の「因幡の白兎」の中で、ワニ(鮫)に皮を剥がれて苦しんでいる白兎に「きれいな真水で身を洗いガマの穂綿にくるまりなさい」と教え救ってくださった心優しい医療の神様でもあられます。その優しき「大国様」と習合することで「大黒様」は現在の福神の姿へと変遷され、七福神の中の1神としても取り込まれていきました。七福神についてはまたの機会に記載させていただきますね。

 さて私は先日、縁あってその大黒様をお祀りしている「養源寺」に参拝させていただきました。鎌倉時代の高僧、日蓮大聖人御入滅の地として有名な、東京都大田区の池上本門寺の近くにある日蓮宗の寺院です。若く凛々しく神々しいオーラを身に纏ったご住職様が、とても親切にそして丁寧にお寺の由来を教えて下さいました。「養源寺」は江戸幕府の第八代将軍 徳川吉宗公が鷹狩りの際、「御膳所」とされていた由緒ある寺院だそうです。八代将軍吉宗?そう聞いて私がすぐに頭に思い浮かべたのは、松平健さんが演じるテレビドラマ「暴れん坊将軍」でした(苦笑)。不敬なことかもしれませんが、本物の徳川吉宗公を全く知らない私にとって、吉宗公は「暴れん坊将軍」であり、どんなに吉宗公に思いを馳せてみても、浮かび上がってくるのは松平健さんのお顔でした😊 そしてただ漠然とではありますが「へえ~あの暴れん坊将軍がここに来たんだ!?凄いなぁ~」などと松平健さんの顔をした吉宗公が、にこやかに笑いながら、こちらでお食事をされているお姿を頭に思い浮かべてみました。不思議と歴史の息吹を肌に感じたような気がしました。次に本堂に上がり祈祷本尊の「大黒様」を拝させていただきました。満面の笑みを浮かべる大きな大黒様です。しかも私が大黒様を拝する位置を変えると、その都度ごとにその笑顔も変わっていきます。本当に不思議な大黒様です。大黒様から発せられるパワーというかエネルギーというのか?その波動みたいなものは、とても言葉では表現できない「凄さ」を感じました。意味がわからないかもしれませんね!?ごめんなさい。本当にただ「凄い!」としか表現できないのです。機会がありましたら是非とも養源寺へ足を運び、直接ご自身の目で大黒様を拝してみて下さい。私の言っている意味がよくわかっていただけることと思います。
 

蓮の花

 皆様にたくさんの幸運が訪れますように🍀 いのちに合掌🙏 南無妙法蓮華経🌞 それではまた😄😄

コメント

  • このコメントは管理者による承認待ちです。



認証コード5177

コメントは管理者の承認後に表示されます。